アクシオム、Facebook広告のターゲティング配信ソリューション
「パートナーカテゴリ(Partner Categories)」において、自動車関連データの提供を開始

2017年5月26日

アクシオムジャパン株式会社

 

エンタープライズ向けデータ管理・分析事業を手掛けるアクシオムジャパン(所在地:東京都千代田、代表者:フレデリック・ジューヴ)は、Facebook広告のターゲティング配信ソリューション「パートナーカテゴリ(Partner Categories)」において、日本国内で自動車関連データの提供を開始することを発表しました。

Facebookのパートナーカテゴリは、アクシオムをはじめとしたオーディエンスデータプロバイダーが提供するデータを元に広告配信を行うターゲティングソリューションです。広告主はパートナーカテゴリを利用することで、オフラインでの消費者の行動を元にFacebook上でのターゲティングを行うことが可能になります。同ソリューションは、Facebookの保有する属性情報やオンライン行動データに基づくターゲティングソリューションを補完するもので、これにより、見込み客にとってより親和性の高い広告を表示することが可能になり、より大きな広告効果を期待することができます。

国内外大手自動車会社のキャンペーンにおいて実施したテストにおいて、パートナーカテゴリ使用(下図;広告接触)とパートナーカテゴリ非使用のコントロール群(下図;広告非接触)を比較したところ、広告想起、ブランド認知、購入意向において顕著な上昇が見られました。

輸入車向けキャンペーンにおける広告効果

  • 広告想起 38%リフト
  • ブランド認知 9%リフト
  • 購入意向 17%リフト

1

国産車向けキャンペーンにおける広告効果

  • 広告想起 41%リフト
  • ブランド認知 13%リフト
  • 購入意向 7%リフト

2

 

 

アクシオムは日本、アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリスでパートナーカテゴリのデータプロバイダーとしてサービスを展開しています。世界でもっとも多くの国でFacebookのパートナーカテゴリにデータを提供しているオーディエンスデータプロバイダーとして、その技術とノウハウを活かし、日本でのデータドリブンマーケティングをサポートします。

 

アクシオムについて

アクシオムは世界中の優れたマーケターのためにデータ利用の基盤を提供しています。私たちは、マーケターがシンプルかつオープンな形でシステム間やデータ同士をつなぎ合わせることで、どこでも人ベースのマーケティングを実践でき、シームレスなカスタマーエクスペリエンスとROIの改善に貢献します。45年以上にわたるオーディエンス識別の経験と倫理的なデータ活用のリーダとして、グローバルで数千社以上のクライアントにサービスを提供しています。また、様々なパートナーとグローバルで協業し、「すべてのマーケティングを消費者にとって意味のあるものにする」というビジョンの実現に邁進しています。アクシオムの詳細については、Acxiom.com をご参照ください。

以上

 

アクシオム日本法人(アクシオムジャパン株式会社)について

代表者:アジア・パシフィック統括取締役 フレドリック・ジューブ

事業内容:エンタープライズ向けデータ管理・データ分析を中心としたプラットフォーム提供

所在地:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-12-8 永田町SRビル8F

企業ホームページ : www.acxiom.jp

 

 

<報道関係者向け問い合わせ先>

アクシオムジャパン株式会社 広報代理 プラップジャパン 高橋、石谷

電話:03-4580-9109         y-takahashi@prap.co.jp